プロフィール

 

ごあいさつ

30年ほど前に比べると、随分と女性のひとり旅が楽になりました。

昔は女性がひとり旅に出ようものなら「問題を抱えた人」「自殺願望」とレッテルを貼られ、

宿泊させてくれる宿を探すのさえ大変な思いをしていました。

勿論宿泊サイト・旅行サイトなんてクリック一つで予約を出来る便利な物は有りません。

電車等の厚ぼったい時刻表、旅行本とにらめっこ

旅行会社や、地方の観光パンフレットを取り寄せたり、結構手間暇かけましたっけ。

(旅の準備の苦労は今でも大好きですけどね)

笑ってしまいますでしょ?でも本当にそんな時代が有ったのです。

今は「おひとりさま」の旅が当たり前の様になりました。

女性のひとり旅も市民権を得て、宿泊も周囲の目も暖かくなりました。

良い時代になったものです。

それでもまだ、「一人での食事はさみしくない?」「感動を共有する人が欲しい」「怖くない?」とは度々言われます。

言われ続けて30年。

それでも何を言われても、今も変わらずひとり旅愛が冷めないのは、

全ての「しがらみ」を一旦置いて、自分の為だけに時間を使う

「ひとりじめ」の贅沢さを心から味わってしまったからなのだと思います。

この魅力に取りつかれてしまった人達と情報の共有ができたらと思い、このサイトを立ち上げました。

あ、ご心配なく。勿論時々は家族や友人たちとも旅を楽しんでいます。

特に一人で居たい偏屈と言うわけでおありませんので。(笑)

旅は様々な感動を与えてくれます。

普段とは全く異なる環境に身を置き、歴史や文化に触れる。

これまで気が付かなかった自分に出会える。大自然に抱かれ、底墓と無い感動を覚える。

その魅力は言い出したらキリが有りません。

とりわけ、私にとっては一人旅は格別です。

時間や連れのご機嫌を気にする事なく、

足の向くまま、気の向くまま、食べたい物を食べ

浸かりたいだけ温泉に浸かり

ひたりたいだけ景色と対峙する。

愛おしく穏やかな時間。

それらを何者にも左右される事無く全部独り占めできちゃう。

最高贅沢、最高の時間。

一度きりの人生、味わい尽くしたいですね。

 

プロフィール


・ニックネーム:pio(ぴお)
・ひとり女子旅エバンジェリスト
・Travel writer
・WebWriter
・お一人様女子旅倶楽部『pioのおへそ』代表
学生時代時代アルバイトとしてグラフィックデザインに関わる。美術学校を卒業後、プロのグラフィックデザイナーとなる。結婚出産。息子と共に成長を経験出来るのは今しかない!と7年勤めた仕事もポイと離れる。子育て中は読み聞かせサークルを結成し地域で活躍。同時に児童館等でBackgammonのインストラクターを楽しむ。我が2人の息子に手が掛からなくなったのを機に、自分の誕生日は自分の為に時間を使う!と宣言。『バースデー・トリップ』と命名し、大手を振って一人旅に出た。記念すべき初一人旅はイタリア。
それ以来、一人旅の魅力に取りつかれ、年に10回~の国内旅行を中心に旅を続け現在にいたる。

© 2021 お一人様女子旅倶楽部・pioのおへそ